クウからつながった犬のレスキュー。クウは2009年3月12日突然お星様になりました。クウの沢山の仲間が我が家へやってきました。現在は白黒猫のシメジと静かに暮らしています。


by kannbannkenn-koo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:プライベート色々( 79 )

お疲れ様

昨年11月夫が
ひょんなことでお手伝いすることになった仕事
場所は福島の郡山
建築関係の仕事とか
原発の仕事で無いことは確認したが
詳しくは語らず
月曜日に家を出て
土曜日に帰宅する生活が4ヶ月の余り
その仕事も昨日終了した


以前は小さな会社ながら代表として
その世界の職人として
それなりのキャリアと自負があった夫が
この4ヶ月は苦労しただろうと思うと
ご苦労様と労うことしかできないのは不甲斐ない


でもね本音は
亭主達者で留守が良い!!!
達者が大前提だけど
家は汚れない!
ご飯の心配は無い!
食材の無駄も無い!
酒代がかからない(笑)


強いて言えば
猫のシメジの世話は大変だったけど
私は楽をさせてもらいました


一人の生活は(息子はいたが)
孤独ではあったが
淋しくはなかった
まあ、土曜日に帰ってくるという前提だったからね



今日はお疲れ様の労いに
これからお寿司を食べにいきます


日常の当たり前のことは
当たり前では無い
過去を振り返ってつくづく思うのです


店も、家族も、今を大切にしたいと思うこの頃です
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-03-20 18:32 | プライベート色々 | Comments(0)

人それぞれ

妹と同居してる伯母
御歳93歳
病気もせず
介護認定でも
要支援にもならない


ところが今年に入って
物忘れがひどいらしい
家の前のコンビニで
毎回冷凍餃子を購入
冷凍庫に幾つも入ってるそうな
一人では調理できないから
日曜日に妹がおかずにした
次の日
お出かけついでに
今度は調理済みの餃子を3袋も買ってきたそうだ
昨日食べたでしょと言っても
忘れてしまったらしい
加齢なので仕方ないのかもしれないけど
一事が万事
一緒に生活する家族は大変だろう


私の実母は片付けられない症候群
病気でした
母が倒れた時
妹と家中を掃除して
大量の不用品を捨てた
それを死ぬまで恨んでた母


人によって価値観は違う
まして、その歳にならないとわからない事はある


こだわりのあまり無い私だが
強いて言えば
テーブルに物を置かない


夫が何でもかんでも物を手の届くところに置く
狭いテーブルが物であふれる
テーブルのそばには
夫専用のスチールのラックがある
それでも目の前に物を置きたいらしい


昨年末から仕事で週末に帰ってくる毎日になって
スッキリとしたテーブルでニンマリ
それも今週で終了の予定


伝言の宅配便の伝票と
食べなさい!とバナナの乗った傷だらけの本日のテーブル



c0116610_14203030.jpg



明日はどうなるのか
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-03-19 14:21 | プライベート色々 | Comments(0)

笑い話

歳は取りたく無いなぁ~
夫がボソッとつぶやいた

ここ数ヶ月出稼ぎで出張ホテル住まいの夫
夜中にトイレに起きた
トイレのドアを開けて
トイレに入ったと思ったら
廊下だった
気がついたのと同時にドアが閉まる
鍵のカードは部屋の中!!!!



笑い事じゃない、歳は取りたく無いなぁと夫
呆然と夜中の廊下に立ち尽くす夫を想像すると
やっぱり笑うしかない
ねえ、シメジ!
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-02-22 13:25 | プライベート色々 | Comments(0)

私の気性ですから

40年からの常連の店があった
オーナー家族ともスキー旅行に行く間柄
家族ぐるみの付き合い


年を越して
色々な話が耳に入った
長年勤めた従業員が辞めたと


お家騒動?
だとしても
それはないんじゃない?


もうその店には行かないと言ったら
同じ常連さんは
そんなに頑なにならなくてもいいのに・・・・と言う


嫌なの
赤字ならまだしも
儲かってる店なのに
儲けを優先する店主の店は

人として
古参の従業員を切り捨てるのは
退職金を払ったといっても
それで許されるものじゃない


美味しいモツと
雰囲気のある店
何より働いている人が好きだった


でももう行かない
残念だね


私はそんな気性ですから
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-02-22 00:50 | プライベート色々 | Comments(0)
私が結婚して、子供を授かった時
夫の両親は70代だった
孫のような嫁の私を可愛がってくれて
姑とは特に気が合った
義母は言いたい事もたくさんあっただろうと
今は良くわかる

私は人に恵まれていて
特に女性の先輩には
ああなりたいと思う人がたくさんいる
特に義母は今でも尊敬の念を抱く


嫁いだ時の義母の歳を思うと
私は義母に敵わないなあと・・・・
実母も愚痴ばかり言ってたけど
その歳にならないとわからない


今、この年齢で素敵に生きるのはどうしたらいいのかと
幸い夫との関係が
一般の夫婦とは違うのが良い
それぞれ個人を認めてるのは
なかなかのものだと思う

ここ数年
歳を感じ
これからの自分を思うと
眠れない晩もある

後、何年生きるのか
最後はどうなるのか
その時にならないとわからない

この日々の不安も
その歳にならないとわからない


せめて、夫より長生きして
ひとりで人生を全う出来るよう
頑張ろう!!!


それでもまだまだやりたい事があって
歳だと諦めたくはない
どこまでいっても私は私!
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-02-15 00:30 | プライベート色々 | Comments(0)
子供の頃
プールで良く耳に水が入って
いつまでも抜けず
ゾワゾワと次の日まで不快だった


10年ほど前スイミングをしてた頃も
ふとした瞬間耳に水が入ってしまって
大人にとっては抜けるまで大変だった

昨日御風呂で洗髪後に顔を傾けたら
右の耳に水が入った
耳に水が入った時の対処法

水が入った耳に数滴の水を入れ
顔を傾けると
あら不思議
詰まった水が流れ出た


お試しあれ!!!
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-02-11 22:04 | プライベート色々 | Comments(0)

友人

c0116610_9271140.jpg


演劇学校の同級生
あだ名はクマ
昨年10月に一足早く虹の橋を渡ってしまった

演劇学校があった池袋の飲食店に勤めてて
池袋に行けばクマに会えると
何かにつけて足を運んだものだ
もう会えないのが悲しい


先日クマの奥様もお呼びして
偲ぶ会を開いた
丸投げされたような形で幹事を引き受けた
言い出しっぺの人がまさかの不参加だったのはビックリポンだったが
偲ぶ会は少人数でも楽しかった

クマが一緒にグラスを傾けているような気がした
こうした会に出られる人は幸せな人だと思う
病気だったり
親の介護をしてたり
経済的に厳しかったり
そんな人もいるのが現実

鳥取から駆けつけてきた友人は
いつ何があるから分からないから
会えるチャンスがある時は会っておこうと言っていた
その通り

いつか、いつかと言って
とうとう会えぬまにお別れしてしまう事もあるのだから
後回しにしない生き方をしようと改めて思う


奥様からクマの写真が送られてきた
そこにはいつもと変わらないクマがいた
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-02-09 09:33 | プライベート色々 | Comments(0)

ブラックパート

世の中ブラック企業とか
ブラックバイトとか
私には関係ないと思っていましたが


昨年の10月から関わってきたある会社
私は資格を活かしたパート扱い
過去の仕事より時給は安かったけど
お金が欲しいわけじゃない
そこがまさに思うツボ


10月からキャリアには関係ない仕事
決起大会とか
展示会とか
甲子園とか
時給の発生しないお仕事
二ヶ月働いても1万円にもならない
これぞブラックパート!!!


それでも続けてる人は
それなりに収入はある
なぜ?
バックマージン!!!!


私がしたかった仕事はそんなものではないと
年末
御社の求める事と
私の目指す仕事と
明らかに違いがあり
私は御社の戦力にはならないと思いますので
今回のお仕事は辞退させて頂きます
と、送った


住民票も
保証人の記名捺印も求められ、提出したが
労働条件の書類はもらっていない
給料明細もない

別に酷い扱いを受けた訳じゃないから
いいんだけど
もっと早く辞めるべきだったと思うけど
それなりに人生経験


今時、あんな会社もあるのね~


世の中知らないって!!!
私もまだまだですわ
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-01-12 01:11 | プライベート色々 | Comments(0)

大阪話

数年前訪れた時
びっくりしたのはスーパー玉出


c0116610_13135659.jpg



初めてその外観を見た時
あまりの派手さに
パチンコ屋?って聞いたほど


ドン・キホーテの食品版
所狭しと並んだ品の中に
1円と言うのがあって
またまたビックリ
目が回るようでした


娘の家の近くに高級スーパ(東京で言ったら成城石井とか、紀伊国屋とか)が出来たけど
すぐにつぶれる土地柄
玉出を見たら納得
今回も一応入店し一回りしたけど
東京人には手が出せない
貴重な体験



こんな狭い日本でこの通りなのだから
広い世界の地球
分かり合えるなんて簡単には言えないけど
認める事はできる


娘は大阪に嫁いで5年
すっかり大阪の水に馴染んでるようだけど
大阪の良いところと
東京の良いところと
いいとこ取りした自分でいて欲しい
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-01-06 13:26 | プライベート色々 | Comments(0)
12月は早々に正月休みに突入
吉祥寺SORAは
27日~新年4日までのお休み
12月の売上は昨年に届かず
厳しい経営となりましたが
何事も思い通りにいかないのが世の常
それでも辛いと思った事は一度もないこの3年7か月
飲み屋は天職だと思う


引きこもりだった夫が
少しづつリハビリ
知り合いの飲み会にも顔を出すようになってきた
これは昨年知り合いに仕事を頼まれ
短期間だったけど
働く事が出来たからだと思う


長女夫婦が家を建てたので
新居のお祝いを兼ねて
大阪でお正月を過ごさないかとのお誘いも
初めはいい返事をしなかったけど
有無を言わせず新幹線のグリーン車の切符を送ってきた娘たちの作戦勝ち!!



大阪では土地勘もなく
買い物一つをとっても大変
地域によって違うお正月のおせち作りに苦戦!
母の味を娘に伝える責任で
定番のいつものおせちを作りました
数の子、伊達巻、松前漬、黒豆、なます、栗きんとん、お煮しめ、バラ寿司、お雑煮
見てくれは地味でしたが
手作りならではで許してもらおう

c0116610_2451320.jpg



婚家の定番は豚の角煮
これが絶品で
今まで食べた角煮のトップです

c0116610_2455276.jpg



嫁ぎ先の家族は皆良い人で
舅、兄弟、姪御さんに囲まれて
娘は幸せだなあと思った
結婚は本人同士だけでない事を改めて感じた


そして昔、、婚家で迎えたお正月を思い出した
私は姑に恵まれ
可愛がってもらった
結婚したばかりの頃は
料理も出来ず
朝も子供と一緒に朝寝坊ばかりしてる嫁を
義母は小言も言わず見守ってくれた
おせちも姑任せで・・・・


6年間という短い、嫁と姑関係だった
心筋梗塞であっという間に旅立ってしまった
今でも義母を思い出すと
もっと親孝行したかったと思う
義母の料理を教わっておくんだった




娘婿の好意で私たち夫婦はグリーン車にも乗れて
良い年越しだったと思う
551の肉まんをお土産に買い
自宅に戻ると
猫のシメジが狂喜乱舞


あっという間の大阪3泊4日
5日からまた日常生活に戻ります


今年はパーティ料理のレパートリーを増やしたい
ワインの勉強もしたい
欲張る事なく
店と夫とシメジとの生活を大事にしたい
そして、健康でいたい
私の周りの人たち
家族を含めて
良い年でありますよう
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-01-02 00:52 | プライベート色々 | Comments(0)