クウからつながった犬のレスキュー。クウは2009年3月12日突然お星様になりました。クウの沢山の仲間が我が家へやってきました。現在は白黒猫のシメジと静かに暮らしています。


by kannbannkenn-koo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロンの入院

ロンが入院してます

金曜日朝から
嘔吐を繰り返し
食いしん坊のロンがご飯を食べなくなった

地震の後ストレスからかまた食糞をするようになったロン
食糞は犬にとって珍しいことではないが
知らない人はビックリする
一緒に暮らすのにやはり気持ちのいいものでもないから
特に気をつけているが
多頭飼いの恒で
油断するとゴン爺のウン〇を食べた後・・・・って事になる

食糞のせいだけじゃない嘔吐
異常を感じて病院へ
薬をもらい様子を見ましょうと戻ってきたが
やはり夕方気になり、また病院へ連れて行き
バリューム検査をしてもらう
以前からロンはリードの噛み切りだあったからだ


思ったとおり胃から腸にかけての流れがおかしい
腸捻転を起こしかけてる
病院の先生は保護犬ということで手術は治療費もかかると躊躇してるが
保護犬だろうが自分の犬だろうが関係ない
センターから出て保護され助かった命だ
助からなかった子の分までロンは幸せにならなくちゃいけない
とりあえずHLの代表に電話をして
ロンは開腹手術を受けた
計画停電中じゃなくて良かった


ビックリしたのは
ロンちゃん以前もお腹切ってますね~と言われたことだ
保護される前のことはわからないが
前科者でした・・・
飲み込みはラブにはよくあることだと言われていますが
2度もお腹を切るなんて
これから十分注意しなくては
特に里子に出ることが決まってるロン
大事にならなかったのは幸いでした


ロンは我が家に来て1年7ヶ月になります
その頃一緒に活動してたメンバーは皆HL(保護団体)を辞めています
今回のロンの異常に
一人で対応しなければならなかったのはとてもきつかったです
保護犬は自分の犬ではありません
自分の犬以上に責任があります
預かってる犬だからです


里子に出るまで
ロンの幸せを見届けるまで
私には責任があります
うちにいるより幸せなところに出す
譲れない条件ですが
今まで里子に出た保護犬は皆幸せになっています


ロンですが
病院の先生がビックリするぐらいいい子です
みんなロン君みたいに優等生な患者ならいいのに~と言われましたが
優等生でも入院はしてほしくないです

今回の手術でひとつだけいいことがありました
腸に腫瘍が見つかり摘出してもらいました
直径2センチもある大きな腫瘍です
目視では悪いものではないようですが
念のために病理検査に出してます
これがあったために詰ったとも思われます
開腹手術しなかったらわからなかった腫瘍です


順調にいけば水曜日には退院できます
ロンを楽しみにしてるkさん
ロン今日はいい顔してましたよ~
トライアルは少し伸びましたが
もう少しお待ちくださいね


c0116610_19382545.jpg

[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-28 19:40 | ロン | Comments(8)

シャンプーデー

昨日は日中暖かかったのと
湯船に昨晩の残り湯があったので
シャンプーデーでした


ザックはオシッコ臭くって
何度洗っても落ちなかった匂いが
やっと匂わなくなりました
ザック色男なんだから~


c0116610_1117499.jpg


目つき悪いよザック!


c0116610_1118518.jpg


つぶらなお目目のザック


シャンプーの後はママの作ったバスローブの出番です

c0116610_1120570.jpg



c0116610_112048100.jpg


ゴン爺も

c0116610_11211760.jpg


ロンも



さすがに3匹のシャンプーは疲れましたが
バスローブのおかげで
ドライヤーをかける手間が省けて少し楽です


c0116610_1123044.jpg





さあ、おやつの時間です
真剣な目つきのワンたち
ザックもお座りできるようになりました♪~
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-21 11:24 | Comments(0)
地震発生から1週間が過ぎました
知らず知らずのうちに溜め込まれた恐怖
繰り返されるテレビから流される悲惨な映像
大人でも息が苦しくなる毎日です

これは小さな子供さんを持ってるお母さんに是非読んでほしい


今、被災地の映像を目にする全国の子どもたちに




家から出たくない私と違い
夫や息子は地震前と何も変わらない日常を送っています
それも大切なことだとは思いますが
まだまだ私にはそれだけのパワーがありません


皆さんはいかがでしょうか?
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-19 23:36 | Comments(2)

今私は

私は生まれも育ちも下町育ち
江戸っ子の最たる大伯母に気性がそっくりといわれてきた
その大伯母は東京大空襲で我子と乳飲み子の孫を亡くした
大川に浮いている大伯母の贈ったねんねこ半纏を目にして
娘と孫の死を確認した・・・
3月10日東京大空襲

そんな悲しい出来事が
今またおきている
3月11日未曾有の大地震
被災地では
肉親の行方を捜している人々が
変わり果てた街に立ち尽くしている

想像もできない悲しみ
想像力は大事だといつも言う私だが
私は果たして自分の信念を実行してるだろうか?
腹にためておけない性格
時に自分の主張を突きつけて
大切な仲間を傷つけてしまう
それはたとえ真実だとしても
もう少し相手のことを思いやれないかと・・・
自己嫌悪に陥る


昨日娘がまだ1歳にもならない子供を置いて仕事に出た
その選択に同じ母親として不安を覚えた
娘はいつもは職場の近くの託児所に子供を預けるが
昨日は子供を命にかえても守る娘婿に託した
昨日も地震があった
急いで帰宅した娘に
孫はしがみついた

命にかえても守る
それは親ならあたり前のことだけど
それを被災地では・・・・守れなかった人が沢山いた
悲しみに呆然と立ち尽くす人に
私たちは寄り添わなくてはいけない


私は今
少し自分自身を検証しよう
たとえ腹立つことがあっても
なんちゃない~と
命あったら
なんちゃない~と
もう少し懐大きく


生きてるだけでいい
生きてさえいたら
分かり合えることもある
この歳になっても未熟な私

保護犬だって
今ここに生きてる
もう少しで殺処分されてたかもしれない
ザック
今ここにいる



c0116610_0172567.jpg

[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-16 15:01 | Comments(0)
ゴンの病院に行き
やっと薬をもらってきました
農工大動物病院はいつも多くの犬や猫でごった返しているのですが
昨日はシンと静まり返っていました
診療していたので
いつもより多目の薬をもらうことができました
犬とは言え命にかかわる薬です
持病を抱えている人々
小さな子供たち
お年寄り
どれだけ大変でしょうか・・・・


帰り道
ガソリンスタンドに長蛇の列
スーパーも停電のためにクローズしていました
買いだめに走る人々を目の前にして
こういう時にこそ
人間の本性が出るのでしょうか?


今家の中にある食べられる物を食い尽くしながら
この状況をすごそう
灯油がなかったら
寒さをしのごう
ガソリンはいざというときのために
車の使用を控えよう

我が家はオール電化だから
今出来ることは
事務所の蛍光管を半分はずした

c0116610_1336070.jpg



ちょっと暗いけど

c0116610_13363251.jpg




4台ある冷蔵庫も
2台はコンセントを抜いた
ポットも昼使うときだけお湯を沸かすことにした
僅かだが消費電力の節約になれば・・・

食事のしたくも
極力電気やガスを使わないように工夫し
お風呂はまとめて入ることにした


自動販売機の設置の営業が以前良く我社に来てた
自動販売機1台で年間の4人家族の使用電力と一緒と聞いたことがある
真偽の程はわからないが
私はどれだけ収入があろうと
敷地内に自動販売機を設置する気にはならなかった
今日本にある自動販売機のスイッチを切ることはできないだろうか・・

コンビ二も便利だが
夜間の営業を中止してはどうか
あの煌々としたコンビニの電力・・・
言ったらキリがない


今私に出来ることは
買いだめに走らない
無駄な電力を使わない
外に出ない・・・・・

ってことは
混乱を避けるためにとても大事なことだと思う
10日もすれば
自分達がどうしたら良いかわかってくるだろう


我社は大道具製作会社だ
今回の地震で
会社はどうなるかわからない
公演のキャンセルも続いている
社員を抱えて
どこまで踏ん張れるかはわからない
先の見えない不安は日本を覆いつくしてる
でもこれが現実だから
人としてどう生きていくか
今が日本人の真価を問われていると思う


幸いなことに
我社は頑丈なコンクリートの建物で
作業場には犬のバリを置くスペースも沢山ある
目の前は浄水場だから水の補給もあるだろう
何かあったときは
犬たちの避難場所にできる


そうならないように祈るが
自然の猛威は想像がつかない


今足元に寝てるザックが
キッチンで野菜を物色してるロンが
寝ながらウン〇してくれるゴン
犬たちが私の心を癒してくれる
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-15 13:39 | Comments(4)

ザック登場

3日留守にすると
取り返すのに10日かかります
毎日精一杯生きてる証拠ですが
このたびの未曾有の惨事に被災者のことを思うと
そんな毎日がかけがえのないことだと
改めて思います

c0116610_221862.jpg


ザックです
昨日我が家にやってきました

まだ1歳ぐらいです
股関節形成不全ですが

c0116610_223423.jpg


でもこの通り
走ります

c0116610_2235046.jpg
c0116610_224954.jpg

c0116610_2211291.jpg

c0116610_22141888.jpg




検便でオーケーが出たので
隔離終了!!
我が家の犬とご対面~
へタレのロンも
ザックには大丈夫です
ザックはやさしい男の子です


c0116610_2291031.jpg



里親募集中です♪~
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-14 22:09 | Comments(0)
娘の結婚披露宴も無事にすんで
親族一同帰ったにも関わらず
私一人が新婚の娘のマンションに居候~

難波、心斎橋を闊歩し
35年ぶりの大阪
食べ歩きました~
まだまだ終わりのない大阪
明日は婿殿おススメのうどん屋に挑戦します

今日は一日
娘の住まいの近くを探索
婿殿のご実家にも挨拶に行きましたが
後はほとんど商店街をふらふらしてました
大阪の3本の指に入る商店街です
夕飯はその商店街で仕入れた食材を使って
お袋の味
たくさん作って冷凍・・・・
母親ですね~

娘とはいえあまり長居は禁物
東京の仕事もあるし
明日帰ります
でも大阪・・・・
結構水にあってるかもです

東京に戻ったら
大変なことが待ち受けている予感~
このまま戦線離脱したい気分


予定より2日早くに帰京します
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-08 01:13 | Comments(0)

結婚披露宴

保護活動は一段落して
今大阪に来ています
娘の披露宴のために
一家大移動です
2~3日前に甥っ子18歳がボクも結婚式出たい・・・と言い出し
ビックリです
今年高校を卒業して大学生になる甥っ子
シャイで反抗期で
親や私と食事に出るのも嫌がってたのに・・・
大人になったんだなぁ~
高校生活は充実してて
先日の卒業式の様子を聞いても
良い3年間だったと
父親代わり(妹はシングルマザー)の私はとても嬉しかったです

娘の結婚式は先日バリで無事執り行いました





ビーチショットの写真を送ってきました
さすがプロが撮った写真(自分のブログにアップしているので公開しても良いでしょう)



・・・・・・・・・

夢見る新婚さんです
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-04 09:15 | Comments(0)

保護活動

私が犬の保護活動を始めたのは
ベルが亡くなって
迎えたクウが千葉の里親募集の仔犬だったからだ
そのクウが2歳を前に難病でこの世を去った後
ポッカリと心に開いた穴を埋めるように
毎日ネットでクウに似てる子を探してた
そんなある日預かりがいない1匹のラブの写真に釘付けになった

クウでもない、ましてベルでもない黄ラブの雄
覚悟も何もない新米の預かりが始まった
保護犬は自分の犬とは違う
過去もわからない
それでも毎日が新しい発見があって
私はクウを亡くした悲しみを忘れられた

それから順調に預かる犬は里子に出た
慎重にアドバイスしてくれた保護活動の先輩の元で
私は手ごたえを感じていた

ある日捕獲のミックス♀の短期預かりに手を上げた
名前はMと付けられた
預かりは東京から離れた地方だった
その預かりさんは初めての預かりさんだった
私はその子をセンターから引き出してすぐに預かった手前
移送ボランティアさんと、引き継ぐ預かり宅までMを送っていった
遠い東北だったけど・・・

縁とは不思議なものだ
そのミックスの♀Mは戻ってきた
預かりチェンジで私の元に戻ってきた
だがそれがどんな意味を持つのか
その時の私には判らなかった

Mは
人を信じない野犬の血が混ざってる
破戒、脱走、吠え、咬む・・・・
限りを尽くした
ホトホト疲れて預かりのギブアップをしたが
次の預かりもいない
頼りになる先輩は団体を辞めてしまった

誰にも頼れない・・・
覚悟を決めた
もうずっとうちにいていいからね
うちの子になってもいいからね~

不思議なものだ
そう自分の中で覚悟が出来たとたんに
希望者が現れた
でも私は期待もしてなかった
絶対に帰ってくると思ってた

今Mは寛大な里親さんのところで幸せになっている
Mを迎えたことで里親さんも幸せにならなければいけない
それを見守るのが私の役目だと思っている
里子に出したらそれでお終いではない
そこからがスタートだ


久し振りに先日Mに会った
殆どの保護犬は久し振りに会うと
だれ??この??おばちゃん・・って顔するけど
Mは明らかに私がわかった
瞳は澄んでいて
真っ直ぐに私を見つめてくる
愛情もって育てられているのがわかる


里子に出すのに妥協はしない
我が家より幸せになること
それがただひとつの条件だ
そして我が家から巣立った保護犬は全て幸せになっている


Mをギブアップしなくて良かった
私のところから里子に出して良かった・・・



保護犬は自分の犬ではない
だからその犬にあう条件の預かりに移動するのが保護犬のためだ
そしてその預かりが全権を握る


Kという犬は
引き出しから2ヶ月弱我が家にいた
先住犬との関係で預かり移動になった
私の手を離れたK


今希望者が現れてるが
私が口出しは出来ない
里子に出てもその様子は風の便りを待つしかないだろう
まだKが私の手につけた傷跡は残ってるというのに・・・


干渉に浸るまでもなく
間もなく次の子が来る
精一杯愛情をかけて幸せの赤い糸を見つけよう
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2011-03-02 21:45 | Comments(0)