クウからつながった犬のレスキュー。クウは2009年3月12日突然お星様になりました。クウの沢山の仲間が我が家へやってきました。現在は白黒猫のシメジと静かに暮らしています。


by kannbannkenn-koo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

睡眠障害?

母は眠れないと
いつも睡眠剤を飲んでた

私は父に似たのか
いつでも、どこでも
5分で寝られると
その父も最後の頃は寝られないと言ってた

そんな私も近頃
変な時間に目覚めたり
寝つきが悪くなったりして
これは睡眠障害?


眠るのも体力という
歳を取るとその眠る体力も落ちてくるそうだ
しょうがないのか


若い頃はやる事がいっぱいあって
毎日の家事をやっとこ済ませ
夜布団に入って
眠りに落ちる瞬間が幸せだったのになぁ


無理に寝床で眠れないと悶々とするのも嫌だけど
起き出してガタガタするのも寝てる人に悪い


眠れない時はみなさんどうしてるんでしょうね







[PR]
by kannbannkenn-koo | 2014-12-14 06:48 | Comments(2)

運とタイミング

工場跡の始末がつく

火事から1年4ヶ月
一人でコツコツと始末をしていた夫に
ある会社が手を上げた
丸投げで引き受けてくれる
問題は金か?

ここで今まで培った交渉術
今のところこちらのペースで進んでいる
これが決まれば前に進める

夫との今朝のこんな会話の最中
新しい仕事のオーナーから電話がかかって来た

13日から試しにオシャレな町で作品を展示すると言う
百聞は一見にしかず
作品のイメージ
オーナーのコンセプト
夫と聞いて来ます

あのタイミングで仕事の依頼があったこと
このタイミングで火事の後始末がつきそうな事
今日の電話
シメジもしきりと電話に向かってニャーニヤー鳴いて
父さんよろしくニャンと言ってた(笑)


運とタイミングは自分で掴み取らないと
そうでないと
指の隙間からスルスルと逃げてしまう



今私は
大丈夫、大丈夫と
自分に言い聞かせている


[PR]
by kannbannkenn-koo | 2014-12-09 16:10 | Comments(0)

生き甲斐

火事の後始末に通い続けている夫
やる事のない日常に
夫なりに心を鎮める作業なのだと
私はただ黙って送り出していた

一月ほど前
保護犬のボランティアの知人から
夫に仕事の依頼があった
詳しい話を、まず私が聞いた

今まで親方としてお山の大将だった夫は
人の下で働く事は出来ないと思うし
彼なりの価値観もある
傷つけたくはない
火事て何もかもなくした人だから尚更

お話は双方にとっても利のある仕事だった
これが実現すればと
私はいちるの望みを抱いた


その晩
メールに送られた作品の2枚の写真を彼に見せ
仕事の依頼の話をした

火事以来ぐんと歳とったような気がしてた夫は
この話を理由をつけて断ろうとして
私と口論になった

断る理由は何とでも作れる
新しい事を受け入れる勇気がないだけなんじゃない?
なりふり構わず仕事を探してるんなら
私は何も言わない
でも、
考えてばかりで行動に移さないのは
何も考えていないのと一緒
傷ついてるのはあなただけじゃない

2枚の写真だけでは説得力に欠けると
コピーを送ってもらう事にした
完璧なものを作れないにしても
チャレンジしてみる価値はある

そして先日送られて来たコピーと
知人からの自筆の手紙を夫に渡した
焦らず、私はじっと彼の返事を待った


そして今日
できる事からやってみるか
相手のある事だから
自分はいいと思っても
センスが違うとダメだからな
すっかり臆病になってる夫の返事

大丈夫!
私がいるから
出来ない事などない

やる前から諦めてしまう事は
生きている甲斐もない
人生はやりなおせるんだから












[PR]
by kannbannkenn-koo | 2014-12-03 13:47 | Comments(4)