クウからつながった犬のレスキュー。クウは2009年3月12日突然お星様になりました。クウの沢山の仲間が我が家へやってきました。現在は白黒猫のシメジと静かに暮らしています。


by kannbannkenn-koo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

食育

食育という言葉
私の小さい頃はありませんでした
昭和の高度成長期


我が家は下町のごく普通の家庭でした
父はサラリーマン
母もパートで働いていました
ご飯も豪華ではありませんでしたが
それなりに毎日母の手作りのご飯を食べていました


今、感謝するのは
間食の習慣がないという事
それは私が子供を育てて行く過程でも
とてもありがたい事でした
おやつといえば時々手作りのケーキを焼くぐらい
第三子の息子の時は
幼稚園のママたちがスナック菓子を持参してくるので困りましたが
清涼飲料水やアイスなども
我が家にあったためしはありません


今、飲食店の片隅にいる私は
この食生活を育んでくれた母に感謝しています

膨大な食物で溢れ返っている日本ですが
その反面
毎日のご飯もままならない子供達がいる
子供のみならず大人もそう

飲食店の片隅にいる私は
廃棄のないメニューを日々思考しています
お代をいただくのだから
残すのはお客様の勝手
本当にそうでしょうか?
何か違うような気がするんですよね

飲み放題だからと
ラストオーダーに頼んだ飲み物を一口だけ口つけて残す
卑しいと思いますよ

親から教わりませんでしたか?
食べ物を残してはいけないと
両親はそれは厳しかったけど
それが当たり前でない現代
孫やひ孫の時代はどうなって行くのか


ちょっと考えてしまいました
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-06-29 15:03 | 雑感 | Comments(0)

企業努力と企業秘密

吉祥寺で飲み屋のママしてます
本当は店のブログに書こうと思ったのですが
長文なのでこちらへ
本音です



当店の一押しは開店以来
土佐鰹のタタキです
食べ方も土佐中村風
仕入先はもちろん高知


一口餃子も
試食を重ねて納得の行く製品を
定期的に仕入れています


ワインに合うオリーブも
シチリアのオリーブ
こちらは成城石井から


チーズはコスパより品質を重視し
チーズ王国から
マダムヒサダのロックホールは絶品


サーモンも
イカの一夜干しも
いくつもの店の物を試食して
一緒に働く妹も美味しいと思う物を提供しています


お野菜は地元産の物
今は枝豆が旬を迎えています




ビールは酒屋さんから取っていますが
日本酒やウイスキーは仕入先が違います
ワインは私が店を始める前からのバイヤー
今はネットでの販売もしています


他のサイトでどんなに安いワインが出てても
手は出しません
ワインは生き物だから
リファーコンテナで運んでいるか
店での保管はどうなっているのかなど
尊敬するソムリエのアドバイスも大事






どうしてこんな話をするのかというと
仕入先は企業努力の賜物なのです
お酒の仕入先はお店にとって最大の企業秘密です



今はボトルのバーコードで
スマホで簡単に値段を調べる事が出来ます


ある時イベントのお客様がスマホをかざして
ワインの値段を調べていました
へ~意外と安いのね・・・って
お味は二の次?


安くても美味しいワインを探すため
店は何十本も試飲するのです



店を始めた当初
グラスワインは酒屋の勧める箱ワインでした
味は二の次コスパ重視(笑)


ある日知り合いの寿司屋の大将が
当店のグラスワインを飲んで
あ!これうちと同じ!
そう言いました




俄然私の闘争心に火がつきました



グラスワインでも妥協せず
オンリーワンの店を作ろう
その決心は今も変わりません

お客様も人に付きます
初めの頃の義理や知り合いや
紹介でいらした方は足が遠のいています
その代わり
その後一見でいらした多くのお客様が
常連になってくださいました


ワイン会も続いています
今月からお得なワインデーも開催されています
このワインデーはあるお客様の提案から実現しました
お得です!!
こんな店があったら行きたい♪~と思える
お客様目線で


さて、今週末のワイン会は
15名様ですって
うれしい悲鳴です
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-06-28 12:36 | | Comments(0)

嘘つき

人はなぜ嘘をつくのだろう
嘘も方便という諺もあるように
小さな嘘は時には潤滑油の役目もすると言うが
果たしてそうだろうか?
嘘を信じて
嫌な思いをしたことが誰しもあるだろう
バレバレな嘘をつく人の気がしれない


この歳になると
人生正直に生きたいと思う
特に自分に嘘をつくことはしない
嘘の上にまた嘘を重ねる生き方はしたく無い


飲み屋をしてて
政治の話と、宗教の話と、野球の話はご法度
悪口や噂話もしない
守秘義務は飲み屋のママだからこそ




先日大切な友人が
部下に嘘をつかれて落ち込んでいた
妹も職場で不当な差別に合い
仕事を辞めようかと悩んでいる
娘も最近トラブルがあったようだ


そんな時は
黙って話を聞いてくれる人に頼ろう
ただ話をすれば良い
話しているうちに
自ずと進む道が見えてくる
転機はチャンス


嘘つきは嘘の上塗りばかりして
結局は墓穴を掘るものだ
人を傷つける人は
双刃の刃でいずれ自分も傷つける
そんな輩と同じ立ち位置で戦ってはいけない



友よ、妹よ、娘よ
高みを目指せ
自分を信じて
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-06-21 14:08 | Comments(0)