クウからつながった犬のレスキュー。クウは2009年3月12日突然お星様になりました。クウの沢山の仲間が我が家へやってきました。現在は白黒猫のシメジと静かに暮らしています。


by kannbannkenn-koo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ルドルフ

猫風邪をひいていたチビ猫
名前はルドルフ
覚えにくいのでルゥ!


黒猫の冒険何とかと夫が言ってました
女の子なのにルドルフって


保護して1週間
一回り大きくなりました


子猫の猫風邪は厄介だと聞いていたので
覚悟してましたが
順調に回復してます


里親希望者からの辞退もあり
うちの子でもいいかとも思いますが
うちより幸せなら里子に出す選択もありです


チビ猫は黒い塊
気配を消して何処かに潜り込むと
どんなに探しても見つかりません

c0116610_16211883.jpg


今朝もこんなところにいました


c0116610_16213763.jpg



ビデオデッキのスペース



シメジは迷惑そう
玄関のタイルの上、靴を蹴散らしてくつろいでいます
家の中の涼しい場所を心得ています
シメジ5・2キロ
ルゥに比べると大きい




c0116610_162901.jpg

[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-07-31 16:22 | ルドルフ | Comments(0)

黒猫の子猫

またまた子猫を拾った
と言うより
今回の子猫は私に保護を求めて来たと言える


日曜日の夜
自宅マンションの中庭に小さな黒い塊
いつも通ってくる地域猫のジローが餌を食べるのをじっと見てて
ジローが立ち去ってから
ノロノロと残ったフードを食べていた


以前お店の近くの路地で捕獲したクロちゃんは
生後2ヶ月ぐらい
その時は地域猫のボランティアに協力を仰いだ
病院にも連れて行っていただいたので
治療費の他に
それなりの支援金を寄付した


今回の子猫は生後1ヶ月ほど
フードを食べ終わると
網戸を開けた中庭の入り口から家の中に入って来た
そして難なく保護された


目やにもひどく
鼻水くしゃみ
次の日動かなくなり
朝一で病院へ


私も夫の夏風邪がうつり咳が収まらないので
病院へ行かなければならないけど
まずは猫の方が優先


子猫は抗生剤の注射を打って
経過観察です


子猫を欲しいと言う方がいらっしゃいましたが
猫風邪だと伝えると
辞退されました


個人で保護活動をするにはお金がかかりますが
保護団体とは違い
しがらみが無いので気が楽です


以前東村山で保護した猫は
足が化膿してて
結局断脚
2週間ばかりの入院と医療費はそれなりにかかりました
それを納得した娘は
すべてを受け入れ
この猫の命を助けました
今三本足のティガ
娘のかけがえの無い家族になりました


さて、今回のチビ黒
生命力にかけるしかありません
とりあえず助かるよう祈るのみです
c0116610_14274446.jpg

[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-07-26 14:29 | ルドルフ | Comments(0)

呆けたのかと思ったよ

早朝トイレに入ると
足元のマットがびしょ濡れ!!
寝ぼけ眼でお風呂場に放り込み二度寝


寝ながら
誰?酔っ払ったの?
それとも
呆けたの?


そうなると寝てられません
ベットから抜け出し
トイレ掃除
マットだけじゃなく
奥の方も濡れてて
でも匂いはしない


きれいに拭いて
お掃除終了
起きてきた夫に聞いても
自分じゃないと言うし
息子じゃないしなあ~などと思いながら


昼過ぎトイレから出た夫が
水漏れしてるという
調べたらタンクのホースが破れてて
そこから水が噴射!


ああ、原因がわかって良かった
呆けたのかと思ったよ
自分かもしれないし(笑)


これには後日談
すぐに来てくれた水道屋さん
応急処置して
部品が入ったら週明けに交換しますと言って帰っていった
それが12日の事
連休挟んで週末になっても連絡が無い
そして夫を急かして
今朝、電話したら
すっかり忘れてた~~って


本日2週間ぶりにトイレなおりました
良かった!!
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-07-25 14:15 | プライベート色々 | Comments(0)

テロ

時代だと言うにはくくれない
近年世界中でテロが多発してる


娘は十数年前海外協力隊でチュニジアに赴任した
その期間3年あまり
チュニジアといえばバルド国立博物館のテロが記憶に新しい
私も訪れた事があるのでリアルに恐怖を覚える

私たち夫婦は子供達の生き方に干渉はしないスタンスで来たが
今だったらどうだろうか?
命あってこそ
大阪にいる娘も、娘婿も青年海外協力隊の出身


時代が違えば娘たちだって被害にあったかもしれない
海外旅行に頻繁に出かけていた私も例外ではない
世界はどうなってしまうのだろうか?


被害にあった方達は
それなりにリスクを覚悟してたとは言え
残された家族の心情を思うと
同情を禁じえない

加害者も家族がいる
被害者への想像力はないのかしら
人間とはかくも愚かなものか
歴史を振り返り思う


哀しきかな
今夜は被害者に哀悼を捧げて祈ろう
[PR]
by kannbannkenn-koo | 2016-07-03 18:14 | 雑感 | Comments(0)