クウからつながった犬のレスキュー。クウは2009年3月12日突然お星様になりました。クウの沢山の仲間が我が家へやってきました。現在は白黒猫のシメジと静かに暮らしています。


by kannbannkenn-koo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地震

朝ドラでも観ようとテレビをつけた2~3分後
緊急地震速報
身構えたが
大阪で起きた地震は
関東地方には到達せず


テレビでのライブ放送を観ながら
大阪の娘にメール
折り返し被害がないことを確認してホッと一息


娘の住む地域は大阪南部
被害の大きかったのは北部の方だそうです
被害に合われた方たちが
早く日常を取り戻されるよう祈ります


地震国日本
明日は我が身
非常持ち出しはもちろん
水や米の備蓄
猫のいる我が家は
猫関連の物も大事です
最悪の場合は避難もありうる
キャリーは2匹分


寝室は家具を極力排除して
大きな家具は一部屋に集め、タンス部屋としました
阪神大震災の時
家具に押しつぶされて亡くなった方が多くいました
大きな地震はツッパリ棒ごときでは対処できませんから



どんなに準備してても
天災に遭遇したときは
知恵と工夫と協力で乗り切って行くことが大事です




[PR]
# by kannbannkenn-koo | 2018-06-19 14:32 | プライベート色々 | Comments(0)

カイ君の幸せ

先日保護したイタリアングレーハウンドのカイ君
速攻で里親希望者が来ました

10ヶ月のイタリアングレーハウンド
性格も申し分ないので
すぐに決まるとは思いましたが
預かりさんのとこに移動して数時間で
ベストの希望者が現れました


それでも一応審査をして
先日環境チェックをしました
お住まいを見せていただき
希望者様にお話をする
環境チェックは大事な審査です


イタリアングレーハウンドを飼いたいと思っていたという里親希望者様
ご家族も皆様犬好きで
何よりは預かりをしてくれたTさんのお墨付き
安心してお願いしました


ボランティアとはいえ
命を預かる譲渡
ストレスは計り知れません


もう、今回限りにしたいものです
カイ君の幸せを願います





[PR]
# by kannbannkenn-koo | 2018-06-18 02:13 | 環境チェック | Comments(0)

高身長と牛肉

三人の子供達のうち
次女と長男は高身長
私たち夫婦は平均で
夫も高身長とは言えません

次女が水泳で育成クラスに通ってた小学2年生の時
先輩お母さんに
身長を伸ばすには牛肉よ!!!と言われました
え?牛乳では無く肉?
それからセッセと積極的に牛肉を食べさせました


それが功したのでしょうか
すくすくと伸びました


ママ友のご主人は背の高い方でしたが
子供さん男女は伸び悩んでいました
ご近所さんなので
よくお互いのうちの夕飯を行き来しました
そう言えば彼女は
牛肉より豚や鶏よねって言っていました
好みなので気にはしてませんでしたが
今になって思うと
牛肉=高身長はあながち間違っていないかな


今更食べても遅いけど
美味しいステーキ食べたくなりました










[PR]
# by kannbannkenn-koo | 2018-06-11 12:10 | プライベート色々 | Comments(0)

呼び名

夫婦の呼び名

我が家の場合は結婚前からの呼び方
夫は私を名前で呼ぶ


世間では子供が生まれると
パパ、ママとか
お父さん、お母さんと呼ぶ夫婦も多い


ある時店のお客様のご夫婦
奥様がご主人をお父さんと呼んで
店のソラちゃんが
娘さんお父さんの飲みに付き合って偉いわね~と言った
このご夫婦に子供さんはいません
ソラちゃんに
娘では無くて奥様よ~と言って笑ったことがあります


弟夫婦は子供に
パー、マーと呼ばせていた
パー!!!クルクルパー!!と陰で母は笑っていた


呼び名
夫にお母さんと呼ばれたら嫌だなぁ
もし呼ばれたら
私はあなたのお母さんではありません!と断言したでしょう

甥っ子が結婚し
9月には子供が生まれる
若い夫婦は相手をどう呼ぶかな





[PR]
# by kannbannkenn-koo | 2018-06-10 15:06 | プライベート色々 | Comments(0)






c0116610_11592044.jpg
イタリアングレーハウンドの雄
カイ君


c0116610_11590054.jpg
今週はじめに知り合いからSOSが入りました
イタリアングレーハウンドの里親を探して欲しいとの事
飼っている犬を手放さなければならないのには
それなりの理由があり
飼い主さんはご自分を責めていますが
何よりは犬の幸せを第一に


保護団体の活動の一線を退いて6年あまり
保護団体は個人からの引き取りはしません
そこで個人的に飼ってくれそうな人に連絡しました
知らない人に託すより
知人に飼ってもらった方が安心だと思ったからです


ところがなかなかうまくいきません
こればかりはタイミングとご縁ですから


そこで保護活動の仲間のTさんにお預かりの打診をしました
先住犬との相性が良ければ、と云う事で
昨日お見合いをしましたところ
何の問題も無く預かってくれることになりました


とても甘えん坊で、他の犬ともフレンドリーな可愛い子です
10ヶ月の若い子です
ゆっくりカイ君の幸せを確信出来る里親さんを探していきます
多分あっという間に決まるでしょう








[PR]
# by kannbannkenn-koo | 2018-06-08 12:15 | 保護活動 | Comments(0)